イベントレポート
2008年10月11日〜12日、初めてのお泊り企画!城崎温泉1泊ツーリングに行ってきました!

出発当初はあいにくの雨・・・泣
バイクで出ようか、それとも諦めて車にするか悩んだのですが、根性を決めてバイクで出ることを決意。
今回のルートは阪神高速からR173を北上。天橋立から丹後半島を左回りに進み
城崎温泉へ行くルートです。

幸いにも、阪神高速を走っている辺りで雨は上がりました。
一難去ったと思ったら、今度は阪神高速が大渋滞。思わぬタイムと体力の
ロスをしてしまいました。
R173に入ったあたりで、やっと道もすいて走りやすくなりました。路面もだいぶ乾いてきて
走りやすくなりました。
昼食&観光のため立ち寄った、天橋立。
展望のよいレストランを予約していたのですが、
そのレストランは山の上にありました・・・・・・。

徒歩で上がるのは断念して、リフトを使うことにしました。
久々に乗ったリフトはちょっとおもしろかったです(^O^)/
大きな窓の展望レストラン、天橋立パノラマハウスにて昼食w。
海鮮丼やカレーライスなど思い思いのものを注文し、午後からに備えます。

↑正しい股のぞき

↑間違った股のぞき
曇空ではありましたが、はっきり天橋立が見えてきた甲斐がありました。
そこからさらに進み、今度は道の駅伊根舟屋の里で休憩。
ガイドブックにはもっと間近に舟屋が見えるように書いて
あったのですが、実際は結構遠かったです。
くねくね細めの道を抜け、とうとう丹後半島最北端経が岬に到着!
駐車場からもそれなりの展望はあったのですが、せっかく来たので、灯台まで
登ることに、幹事の一声で決定。
ぜぇぜぇはぁはぁ言いながら、灯台の所まで行ってきました。

そこからはノンストップで城崎を目指します。
夕方5時過ぎに宿へ到着。
城崎の岩風呂が自慢のお宿、しののめ荘さんにお世話になりました。
立派な宴会場を借りきっての宴会がスタート!
今回初顔合わせのメンバーもいたので、自己紹介などしましたが、とても盛り上がりました。
お料理は、豪華にカニが1杯ついていました。味噌もたっぷりで大満足でした。

そのあとはもちろん、城崎温泉ならではの「湯めぐり」を楽しみつつ夜は更けていったのでした。
しののめ荘さんでは、バイクを屋根付きガレージに
入れていただくなど、とてもよくして頂きました。
ライダーの皆さん、城崎へツーリングの際は、
ぜひしののめ荘さんをご利用くださいね。お勧めです★

しののめ荘HP http://www.sinonomesou.com/
2日目は、ゆっくり10時に出発。
但馬地方の名物、出石そばを昼食にいただくことに。

城崎から出石までは、あっという間のなので、
海側をまわり、竹野海岸へ寄り道。
海沿いがけっぷちの道は、どこも絶景でした。
順調に出石に到着し、さぁバイクをとめて昼食にしよう!としいたところで
大渋滞。この日は出石のお祭りにあたり、どこも駐車場がいっぱい!
駐車場待ちの車により渋滞がおきていたのでした。

なんとかバイクをとめて、いざそば食い!
トコトコ倶楽部メンバー(今回はお留守番)の
うさこさんお勧めのお店、「如月」さんにお世話になりました。
出石そばというのは、1人前が5皿セット(小皿なので、1皿2〜
3口で食べれます。わんこそばに近いイメージですね。)に
なっていて、1皿単位で好きなだけ追加できます。
20皿がちょうど箸の高さと同じくらいになり、これだけ食べると
「そば通」であることが認められ、木札の証明書がもらえます。

横写真は、そば通と認定された勇者たち。
追加注文してからそばが来るまでの時間差があるので
結構おなかが膨れてきついんですよね・・・・。
さて、ここからが帰路です。
びゅーんと舞鶴若狭道-中国道を使って一気に帰るつもりだったのですが・・・またもや中国道で事故渋滞。
気温も下がってきてなかなかハードな帰り道でした。
途中で流れ解散をしつつ、結局店まで帰ってきたのは夜9時頃。
初の1泊ツーリングでしたが、楽しい2日間で
あっという間に過ぎてしまいました。
日帰りとはまた違って、「旅」を楽しむことが
できたと思います。

参加の皆さんからも「楽しかった」との声を
いただきうれしく思っています。

これからも1年に1度くらいは1泊企画を続けていきたいと
思いますので、今後ともよろしくお願いします!

参加の皆さん、ありがとうございました!


※イベントに関するお問い合せは、当店スタッフまでお気軽に♪

イベントレポートTOPへ戻る

Copyright(C) ALL Kawasaki South-Osaka. All rights reserved.